医心方

トップ頁に戻る
画像数1312枚
統一書名(統一書名よみ):
医心方(いしんほう)
記載書名連番 記載書名表記 記載書名よみ 記載書名種別:
1 醫心方 いしんほう 内・尾・外・序首・序中・柱||2 毉心方 いしんほう 尾
記載著者名表記 記載著者名よみ 他等 役割 伝 記載著者部編等:
丹波/宿祢/康頼 撰
解題:
平安中期、丹波康頼が撰したもので、日本最古の医書。総論から各論の諸種の疾病まで唐の王燾の『外台秘要』の形式にならって記されており、唐以前の医書の逸文を多く含んでいる。
注記
:〈形〉包背装,巻第二二の挿画色刷り。〈伝〉(印記)「松本藩学校蔵書之印」。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
国文学研究資料館 作『古典籍データセット(第0.1版)』はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 4.0 国際 ライセンス(CC BY-SA)で提供されています。